糖尿病の治療最新の記事

糖尿病と運動療法

糖尿病は運動療法によって著しい改善が見られる事があります。糖尿病の原因に運動不足がある為に、血糖値が上がるのを防ぐ意味でも、日常的な運動は是非行いたいですね。
運動療法は、可能なら毎日、出来れば週に3回ほどの運動が効果的とされ、糖尿病には短距離走などの無酸素運動よりも、ジョギングやスイミングのような有酸素運動が良いとされます。しかも、1回ごとに数時間の運動は必要なく、脂肪燃焼が始まる20分から長くとも40分程度の軽い運動でも十分効果が得られるとされ、糖尿病の運動療法は根気良く継続することで症状が改善すると言われます。
運動療法は、血糖値上昇を防ぐだけではなく、脂肪燃焼を進めて動脈硬化を防いだり、心配機能向上にも役立ち、健康的な生活をサポートしてくれます。糖尿病では、インスリンの感受性が下がり、投薬治療の成果が現れにくくなることも問題ですが、運動療法を続けていくと、このインスリン感受性の感度を上げてくれる作用もありますから、症状悪化を避ける為にも、運動は積極的に行いたいものです。
ただ、運動は早朝や食事前などの血糖値が下がった状態では良くありません。糖尿病患者は低血糖昏睡を避ける為にも、時間を選んで行うように気を付けましょう。

糖尿病の治療について

糖尿病の治療法は一般的に、食事療法や運動療法が行われますが、症状が改善しない場合は、薬物治療が行われます。しかし、糖尿病は運動療法によって著しい改善が見られる事があります。糖尿病の原因に運動不足がある為に、血糖値が上がるのを防ぐ意味でも、日常的な運動は是非行いたいですね。
カテゴリー
更新履歴
糖尿病と運動療法(2009年6月20日)
糖尿病と食事療法(2009年6月20日)
糖尿病と薬物治療(2009年6月20日)
糖尿病とインスリン(2009年6月20日)