Top > 糖尿病と食事療法

糖尿病と食事療法

糖尿病を改善する第一歩は食事療法とされています。なぜなら、忙しくて運動するための時間が取れなくても、毎日の食事を工夫し、糖尿病の改善に役立てる事は取り組みやすいからです。食欲を抑えられない、又は甘い物が止められない方もいるでしょうが、食事療法は比較的始めやすく、血糖値を下げる効果が期待できるでしょう。
糖尿病において食事療法を行うには、今までの食事の見直しが必要です。特に、2型糖尿病では原因に高カロリーの食事や栄養バランスの悪い献立などがあり、脂肪を控え目にしてミネラル・ビタミン、食物繊維が豊富な食事内容に変えていく事が大切になります。
糖尿病の食事療法は、摂取カロリーを標準体重から割り出し、計算したカロリー内に納まるようにメニューを決めていく作業が求められます。
標準体重の算出は身長(m)×身長(m)×22になり、この値を利用して、標準体重に生活活動強度をかけたものが適切な1日摂取カロリーになります。生活活動強度はレベルに応じて25~40に振り分けられ、普通の会社員なら生活強度Ⅱ(中等度)の30~35をかけると良いでしょう。
糖尿病では食品交換表の利用も大切で、食事療法を進める為にも、予め管理栄養士などの指導を受けて、食品交換表の便利な使い方を学んでおく事をお勧めします。

 

 ミュウミュウ  禁煙にチャレンジ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
糖尿病と運動療法(2009年6月20日)
糖尿病と食事療法(2009年6月20日)
糖尿病と薬物治療(2009年6月20日)
糖尿病とインスリン(2009年6月20日)